• 介護支援専門員とは何か

    超高齢社会の日本では高齢者の人口がとても増えています。自分の身近にも高齢者の方やデイサービスやホームヘルパー等のサービスを利用しているという方も多いのではないでしょうか。


    サービスをいざ利用したいと思ってから初めて介護支援専門員という人がいるというのを知る人も多いと思います。

    介護支援専門員はいわゆるケアマネージャーと呼ばれている人の資格の名証です。

    名前の通り介護を必要としている人の認定の申請を代行したり、その人その人に必要と思われるプランを考えて様々なサービスを紹介したり利用したりするお手伝いを行う介護支援の知識を持っている人の資格です。

    今、話題の介護の売上管理情報をお探しですか。

    この資格取得には実務経験が必要であったりと専門性と知識が求められます。



    仕事内容は在宅の方であれば利用者の方の家へお邪魔させてもらい、面談を行います。段差や手摺り、生活の銅線等様々な点も見させてもらい利用者の方にどんな支援やサービスが一番適切なのかを考えていきます。
    様々なサービスをたくさん利用したいと考える方もいますが、介護保険にはその段階において限度額が設定されています。

    限度額を超えた分は全額利用者の自己負担となる為、多くのケアマネージャーは本当に必要なサービスを考えなるべく限度額を超えないようプランを考えています。

    有料老人ホーム等の施設にもケアマネージャーはいます。

    お手軽さが魅力のエキサイトニュースサイトを見つけることができました。

    施設内でのプランを考えたり、施設から在宅に戻られる方や在宅から施設に入所される方の調整を行いプランを考えたり、在宅でのケアマネージャーを紹介したり等の様々な支援を行っています。