• 介護支援専門員の資格を取得するには

    超高齢社会となり、要介護認定を受けている高齢者が増えている中でも重要な役割をしているのが介護支援専門員です。
    正式名称で、一般的にはケアマネージャーと呼ばれます。



    主な仕事としては、専門的知識のない高齢者やそのご家族の方々に代わって、要介護認定を受ける為の申請書類を作成する書類作成代行があります。
    そして、認定を受けることが出来た高齢者にはケアプランを作成しないと介護サービスが受けられません。
    このケアプランを作成するのは、ケアマネージャーにしか出来ない大切な仕事です。

    介護のシステムに関するマニアックな情報をお届けします。

    ケアプランとは、これから受けるサービスの説明書とスケジュールのようなもので、実際にサービスを提供してくれる事業者の選定から連絡までの全てを行います。

    そして、定期的な自宅訪問でモニタリングをしていきます。

    サービスはしっかり提供されているのか、満足してもらえているのか、利用者の状態に合っているサービスであるか、利用者の身体状況に変化がないのか、支援方法に間違いはないかなどを伺いに出向きます。

    この介護支援専門員になるには受験資格があって、医療福祉分野で資格を取得していて実務経験が5年以上あるか、無資格なら現場での実務経験が10年以上あれば試験を受けることが出来ます。

    試験に合格して、実務研修を経てケアマネージャーとしての資格を取得することが出来ます。

    朝日新聞デジタルに関する耳より情報です。

    合格率は低くて難しいですが、ステップアップするには取得しておいて損のない資格でしょう。

  • 学ぼう介護の事

    • 超高齢社会の日本では高齢者の人口がとても増えています。自分の身近にも高齢者の方やデイサービスやホームヘルパー等のサービスを利用しているという方も多いのではないでしょうか。...

  • 対策方法

    • 要介護認定を受けた人が手厚い支援を受けるには、調査で得た内容を知ることが大事です。ケース別に物事を確認することで、情報を共有したりメリットになる要素を増やすことにつながり、介護を継続させるよさが増えていきます。...

  • 知識を増やす

    • 現在では、様々な施設があり支援の幅も広がっています。介護度によって、受けられる支援も変わってきますのでまずは相談するところから始めれば問題ないです。...

  • 読めば解る

    • 高齢者が増えていることが予想されている日本社会において、介護サービスの重要性は増していきます。施設の不足は大きな問題としてとらえられています。...